教育改革2020

どうする・どうなる!?2020年。保護者視点で分析する教育改革。調べてわかったことを中心にまとめています。

良い幼児教育とはなにか

 

 幼児教育の重要性が注目されています。特に近年、学力以外の【非認知能力】の形成こそが重要という説が主流になっているのは、日頃関心をもってこの分野をチェックされている方々にとってはもはや常識でしょう。

 このあたりの研究は、2000年にノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・ヘックマン教授や、その成果を世に知らしめたポール・タフの本に詳しいです。

 

続きを読む

2018年度中学受験における早慶GMARCH付属校の人気はいかほどか

 

(2018/2/8 00:00 情報確定) 

 

 今年度は有名大学付属校の人気が急上昇するのではないかとの見方が大半でした。かくいう僕も、間違いなくそうなるだろうと確信していました。理由は以下の3点。

    1. 大学入試改革により、今年の6年生は現行のセンター試験を受ける最後の学年。浪人してまったく違う傾向の新テストを受けるのを避けたいという心理が働くため。

      2020英語改革の全体スケジュール - 教育改革2020

    2. 私立大学の定員超過に対するペナルティ厳格化に加えて、東京の私立大学定員増禁止措置が成立目前であり、私大入試がさらに難化すると見込まれるため。

      東京の大学定員増禁止措置が首都圏家庭にとって意味すること - 教育改革2020

    3. 大学一般入試枠は削減されるとともにテストだけでなく調査書等も必要となり、逆に、AO・推薦入試枠にも学業試験が課されるようになるという、多面的・総合的評価がはじまり、その運用に不安があるため。

      高大接続の未来予想図 - 教育改革2020

 

 これだけ不安要素が積み重なったら、そりゃ早めに進路を確定させたいって思いますよね。同じ親として、その気持ちは理解できます。

 では、実際に、今年度の各校への出願数は昨年度と比べてどの程度増減があったのか。サクッと表にしてみましたので見てみましょう。

続きを読む

大学入学共通テスト(新テスト)が年複数回化?【後編】

 

 前編では、大学入学共通テスト(新テスト)が年複数回化した場合の、生徒の進路選択に与える影響について予想を立てました。

 

 今回は「高校生の生活はどのような影響を受けるのか」について考えてみたいと思います。

続きを読む