教育改革2020

どうする・どうなる!?2020年。保護者視点で分析する教育改革。調べてわかったことを中心にまとめています。

学習指導要領改訂とともに変わる習い事・塾・家庭学習

かねてより2020年教育改革をふまえた情報発信に力を入れていたベネッセ教育情報サイト。今日も2本ほど新学習指導要領に関する記事が公開されました。いずれも核心をつく良い記事だと感じます。

 

 

benesse.jp

 

benesse.jp

 

今回の学習指導要領改定は数十年ぶりレベルの大幅改定とも言われています。学校の教育が変われば、各進学段階での受験の内容も変わるでしょう。そうなれば当然、周辺産業である習い事や塾も変化を求められますし、家庭での関わり方も重視すべきポイントが変わってくるはずです。時間もお金も有限です。どのような配分が最適なのか、最新の動向をふまえながら、随時チェックしていきたいものです。

 

新学習指導要領改訂のスケジュール

「2020年教育改革」と言っても2020年に一気に変わるわけではありません。周知・徹底期間である今年度を終えると、2018年4月からは幼稚園で全面実施、その後、移行期間を経て小中高で順次実施されていきます。

f:id:knockout_kazu:20180109152732p:plain

平成29年度小・中学校新教育課程説明会(中央説明会)における文部科学省説明資料:「新しい学習指導要領の考え方-中央教育審議会における議論から改訂そして実施へ-」より

 

 

お子さんの年齢や学年によって、どの程度影響を受けるかが変わってきますので注意が必要です。冒頭で紹介したベネッセ教育情報サイトには、「2020年教育改革早わかり~ 学校教育が変わる!大学入試が変わる!~」という専用コンテンツがあり、その中のプルダウン式選択でお子さんの生年を選択するとすぐにわかって便利ですよ。

 

f:id:knockout_kazu:20180109154905p:plain

 

2020年 教育改革 早わかり ~ 学校教育・大学入試が変わる!~|ベネッセ 教育情報サイト

 

あわせて読みたい

kyoiku.chichioya.jp