教育改革2020

どうする・どうなる!?2020年。保護者視点で分析する教育改革。調べてわかったことを中心にまとめています。

2018年度小学校受験における早慶GMARCH付属校の人気はいかほどか

 

 ふと気になりました。中学受験・高校受験で有名大学付属校人気が高まっているのなら、小学校受験(お受験)でも同じ傾向がみられるはず。ということで、つくってみました。

 中学受験版はこちらをご確認ください。

 

 

 

 

2018年度小学校入試 早慶GMARCH付属校の出願数と前年比

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/knockout_kazu/20180203/20180203224348_original.png?1517665479

 

 予想通り、ほぼすべての学校で出願者数を増やしていますね。

 最近では共働き家庭のお受験戦線参加も珍しくないためか、全体的な傾向として倍率はあがっているようです。が、そのなかでもやはり、大学付属校と一部有名私立小が大きく、それ以外の小学校は横ばいという傾向にあるように見えます。

(詳しくはこちらを見てください → 小学校受験の「お受験じょうほう」

 

  それにしても、早慶の付属校(早稲田実業初等部、慶應義塾幼稚舎、慶應義塾横浜初等部)の人気は凄まじいですね。東京カレンダーが「華麗なるお受験」なる連載をはじめて煽るのも納得です…。

連載「華麗なるお受験」の記事一覧[東京カレンダー]

 

以上、おまけ記事でした。